読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Apps Scriptで映画生活が充実した話。

事の起こり

TOHOシネマズの予約、アプリが良くなってきたが発券のUXが微妙だよねって話。

  • 発券に4桁の番号が必要
  • 4桁の番号はメールに書いてあるが、埋もれていて読みにくい
  • そもそも発券時にメール引っ張りだすのも面倒

なので「Googleがメール読んでスケジュールに登録してくれ」るやつ作った。

得られた体験

  • スケジュールの通知機能をOnにしておけば、発券するタイミングで通知が来ているのでメール開く必要もないはず。

仕組み

  1. Google Apps Scriptが定期的にGmailAPIをよんで、TOHO予約のメールを検索
  2. 検索されたTOHOシネマズの予約メールを、さいきょうの正規表現でパース
  3. まだ予定として登録されていないなら、GoogleCalendarに登録する

正規表現使いたくない。。。なんとかならんかしら。。。。

使い方

  1. https://script.google.com/ を開く。
  2. "コード.gs"の中をこのスクリプトで置き換えて、適当な名前をつけて保存。
  3. メニューから[リソース]-[現在のプロジェクトのトリガー]を選択。
  4. "トリガーが設定されていません。今すぐ追加するにはここをクリックしてください。"をクリックしてトリガを設定。
  5. 実行: createTohoEventFromGmail
  6. イベント: 時間主導型 分タイマー 10分ごと
  7. 保存をクリック。
  8. 承認が必要と言われるので承認する。
  9. 以降10分毎に処理が動いて、過去分も含めてデフォルトカレンダーに予定追加される。

感想

  • 正規表現のところを書き換えれば、いろいろな映画館に応用できそう。
  • Spreadsheetに書き込むようにして、映画視聴記録作るとかもできそう。
  • Google Apps Scriptは強すぎる。